親の土地に家を建てる前に考えて欲しいこと


相続の問題を避けて、親の土地に家を建てる人は意外に多くいます。相続のことを考えていない人に多いのですが、知っている人にしてみればとても危険なことです。ここでは例をあげてみますが、同じような状況にある方は一度考えてみてください。

 

 

兄弟が多い場合、土地が絡む相続には注意したい

すでに他界した親の土地を相続しようとした息子がいたとします(母も父より後にですが、すでに亡くなっています)。

 

 

この息子は長男だったため、生前から親と同居していました。そして親が死亡する前に家屋の建替えをして、こちらの家屋は自分の名義で取得しています。つまり、親の土地に自分名義の家を建てたということで、法律上は使用借権と言って、このこと自体はよくある話しです。そして、長く相続の問題を避けていたのですが、彼の代で問題にケリをつけようとします。

 

 

ただし、この方の兄弟は長男一人に親の土地を相続させることに反対する者もいて、売却して財産分与せよと言ってくる始末。

 

 

長男は、最悪でも居住権を主張できるものと甘く考えていたのですが、どうも法律上は、兄弟全員が彼の所有権を認めるか、持分割合できちんと換価するしかないことに気づきます。当然です。親の土地に自分名義の家を建てることは、被相続人の奥さんやほかの兄弟たちを無視して財産を独り占めしているからです。

 

 

これも実際によくあることで、とくに兄弟が多い場合は、土地が絡む相続には注意しなければならない事例と言えるのではないでしょうか。

 

 

長男が家屋敷を守るというのは戦前の考え方

親名義の家の相続も大変ですが、親の土地も気をつけなければ、せっかく建てた家も失っていまいます。まさか兄弟ですから、そうようなことを言い出す者がいるわけないと思うでしょうが、これが相続の現実ですので仕方がありません。

 

 

できることは、もう一度兄弟に承諾を得て、土地の所有権を長男のものにできるか確認してみることです。誰か一人でも反対する者がいたら、普通なら売却してお金で持分比率に分けるしかないでしょう。

 

 

戦前なら、相続といえば長男が家屋敷を引継ぐものでしたが、まだその当時の名残を持っておられる方もいるかもしれないです。この場合は、せめて父親が亡くなった時点で、相続人と持分権を確認するべきでした。そうすれば、親の名義のままの土地に家まで建てることはしなかったのではないでしょうか。

 

 

もしアドバイスするとしたら

もしアドバイスできるとしたら、田舎の敷地で土地が広い場合ですが、反対している兄弟に分筆して明け渡すことでしょうか。おそらく承諾してくれる兄弟は、兄を心配して、自分の持分権のことはどうでも良いと思っているでしょうから。

 

 

または、可能なら、持分比率分の対価をお金で渡すことです。もちろん、以降はその兄弟とは疎遠となるかもしれないですが、そのぶんを自分の所有権(土地)を認めてくれるほか兄弟に尽くすしかないでしょう。思いついたままに書きましたが、それで、問題が片づくのなら御の字ではないでしょうか。(ほかにも、もっと良い方法があるでしょうが…)

 

 

ただ、問題を大きくした責任は長男にもあるわけで、それを忘れてはいけません。