再婚した場合の家などの相続はどうなる?


離婚や死別で再婚した父親がいた場合、相続は後妻や前妻の子などが引継ぐことになると思います。ここでは、再婚した家に相続が開始されたら、注意すべき点があるか見ていたいと思います。

 

 

被相続人である父親が亡くなった場合の相続人は誰?

 

再婚した父親が亡くなり、家などを相続する場合ですが、結論から言ってしまうと、後妻と先妻の子にも相続権があります。

 

 

また、後妻との結婚が比較的若いうちにしている場合は、後妻との間にも子がいるでしょう。その場合はもちろん、後妻及び新家庭の子に相続権がありますが、同時に前妻の子にも同じように相続する権利があります。つまり、たとえ親が離婚した場合でも、子の相続には関係しないということです。

 

 

後妻とその子のほかに、前妻の子がそれぞれ一人いたとしたら、後妻は半分を受け取り、その子と前妻の子で2分の1ずつ受け取ります。

 

 

亡くなった父が公正証書遺言を書いていた場合は?

 

しかし、このように上手く行くのかと、先妻の子であれば考えるところでしょう。とくに、父親とは連絡を取り合っていたとしても、後妻やその子たちとは、全く接触がない場合もあるからです。

 

 

ただし、被相続人が亡くなった場合、故人の戸籍は生まれてから死亡したときまでのすべてが見られる改製原戸籍を取り寄せます。ですから、前妻の存在や前妻の子もすべて明らかにされ、法定相続各人の署名押印、印鑑証明書がなければ遺産相続手続きは終わりません。相続すべき遺産がある場合は、もれなく連絡等があります。ですから、忘れ去られる心配はまずありません。

 

 

後妻との間に子がいたら先妻の子は相続する権利を失うか?

 

また、もう一つのパターンとして、子がいないと仮定して、後妻が亡くなり、相続が開始された場合ですが、相続人は誰になるのかと言うと、これは後妻の子や兄弟姉妹に渡ります。これは、先ほどの例では先妻の子は父親の子どもでしたが、後妻にとっては、先妻の子は自分の子には成り得ないからです(気持ちとは別です)。

 

 

ただし、それでは父親から相続した財産を別の家に引継がせることにもつながり、揉める原因にもなります。そこで、一度後妻が引継いだ財産を、先妻の子にも相続させるために取られる方法をとれば、父親から相続した財産をあまり関係のない家庭に手放さないでも済みます。その方法が、先妻の子を後妻が養子縁組みしてしまうことです。

 

 

先妻の子を養子縁組みすれば実子として扱えるため、父親から(後妻から見ると夫)引継いだ遺産を同じ家で継承できるでしょう。

 

 

もう一つの方法は、父親の遺産を相続した時点で、自分が死んだ場合、遺産を遺贈する人を先妻の子とするよう公正証書遺言をつくってしまうことです(この場合は相続とは言わず、遺贈という言葉を使います)。こうすれば、養子縁組み関係をつくらずとも、遺産を素直に継承できます。

 

 

子がいない後妻が被相続人となって、主人からの遺産を問題なく継承する場合は、養子縁組み、あるいは公正証書遺言による先妻の子への遺贈から、自分の状況に合ったものを選べば良いでしょう。