法律上は他人の内縁の妻でも相続できるか?


内縁関係とは婚姻関係のない間柄の男女を言いますが、相続が発生した場合、他人ですから、きちんと相続できるか心配です。そもそも内縁の妻は、相続できるのでしょうか。

 

 

内縁に妻には法定相続人としての権利はないが…

 

結論から言うと、法律上、他人である内縁に妻には、婚姻関係ある妻のような法定相続人としての権利はありません。たとえば、被相続人の父親が先妻と離婚し、その後同じ家に内縁の妻と同居していたとしても、彼女(内縁の妻)には何ら遺産を相続する権利がありません。繰り返しますが、民法上の法定相続人は、「配偶者+子・直系尊属・兄弟姉妹」と決っており、これに内縁の妻は入れません。

 

 

しかし、例外的に他人である内縁の妻が相続する権利を有する場合があります。ひとつは、被相続人が遺言での遺贈を内縁の妻宛てに残している場合で、もうひとつが、他の法定相続人が全くいない場合です。

 

 

前者はお分かりだと思いますが、後者の方になると、内縁の妻が家など相続財産の一部をもらえます。これを「特別縁故者に対する財産分与制度」と言い、制度を管轄しているのは家庭裁判所です。

 

 

この二つを除いては、内縁の妻が家などの遺産を相続する権利はないので、覚えておくと良いでしょう。

 

 

内縁の妻でも生前贈与で財産を継承できる

 

なお、相続ではありませんが、夫が内縁の妻に生前贈与で財産を継承することは可能です。さらに言えば、被相続人の死亡で効力が発生する贈与契約(死因贈与と言う)がある場合も財産が承継されます。相続人が少なく、贈与について残された方が十分理解している場合は、かえってこの方法が簡単に済みそうです。

 

 

ただ、贈与に対する理解が不十分だと、この贈与についても遺留分減殺の対象となり、揉めることも考えられます。その場合は、公正証書遺言で相続したほうが相続としては確実です。

 

 

賃貸の居住権は内縁の妻でも唯一引き継げる

 

また、相続では判例で有名な話ですが、唯一引き継げるものに、賃貸住宅の居住権があります。これは内縁の夫が亡くなった場合でも、引き続き同じ賃貸に住み続けられるということです。

 

 

ただし、この場合は内縁の夫に相続人がいないことが条件となります。相続人んがいた場合は、この賃貸住宅の居住権も相続されることになるからです。

 

 

いかがでしたでしょうか。なお内縁の妻が遺産を相続できた場合ですが、配偶者や一親等の血族ではない内縁の妻は、相続税額の加算の対象になり、税額は20%増しに修正されますので注意してください。